刺激の強さが変わってくる

クレンジングは、その形状によって刺激の強さが変わってくるといわれています。
また、落ち具合なども形状ごとに特徴があります。

そんなクレンジングは、ただやみくもに使っては、素肌をすこやかに保つ事は出来ません。
この機会にクレンジングについて考えて見ようと思います。

まず、クレンジングで落とすのは、油性のメイクアップ料です。
そのため、メイクをしている日はクレンジングの必要があります。

では、そのクレンジング料は何でできているのかというと、油分と界面活性剤などです。
油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには、油分がどうしても必要です。

さらに、洗い流す際の水と油分をなじませる橋渡し役として、界面活性剤が配合されています。
これらの油分と界面活性剤、水の配合量などが変わると、オイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられるしくみになっているのです。

美しい肌への第一歩は洗顔料選びから
今使っている洗顔料が合わないという方は是非お試しください。