これからはプロテインではなくサプリの時代

サプリはプロテインに比べて錠剤なので、粉のプロテインに比べて持ち運びが便利です。
旅先や出先では断然サプリのほうが扱いやすいという利点があります。

実際プロテインは粉なので、飲む際に水で溶く容器(シェイク)して粉をまんべんなくだまにならないように溶かしてから飲む作業があります。
ちゃんと全部粉を水に溶くには手間がかかりましたし、時間もかかりました。

サプリにしたことで、水で飲むという簡単な作業になったことにより、シェイクしたときに使った容器を洗う手間も省けちゃいます。
体内への吸収の仕方にも違いがあります。

サプリのほうがプロテインに比べて早く吸収されるので、早急にアミノ酸を補給することができます。
また、速攻性がありますので、ウエイトトレーニングの後の筋肉へアミノ酸を効率的に届け、筋肉量を増やすことに優れています。

しかも、サプリにすることにより、従来のプロテインでは、難しかったバランス補給を実現し筋力アップを目指すことができます。
体に必要な必須アミノ酸を速攻吸収できることにより、体を引き締める効果も早くなります。

筋力アップといえば、今までは、プロテインと思ってきましたがプロテインより、もっと効率よく早く実感できるのはサプリなのです。
代謝物質のロイシンはHMBに変化しなければ、効果を発揮できないということがわかっています。

これをプロテインに換算すると約20杯に相当するそうです。
だから、これからの時代は、プロテインではなくサプリの時代になるのです。

楽天やamazonの口コミで評判なのが「ディープチェンジングクレアチンDCC」です。
詳しくは公式サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です