花粉症の人は腸内フローラの乳酸菌量が少ない

花粉症対策腸内フローラ乳酸菌が重要です

テレビやネットでの口コミでも
乳酸菌花粉症効果があるようです!

花粉症対策

菌活って?あまり聞きなれない言葉ですよね。
しかし、腸内フローラこれならどうでしょう!
最近テレビやネットでちらほらと目にかかる事が
多くなりましたよね。

腸内フローラというのは食べているものによって
人それぞれに違いが出る言わば
あなたが作り上げた菌たちの集落です。

ですが、それって何かに関係あるのかなと疑問ですよね、
この腸内フローラ 花粉症と関係があるのです。
花粉症というのはご存知、スギやヒノキなどの花粉により
目や喉の痒み、鼻炎などが引き起こされる辛い症状です。

花粉症というのは一種のアレルギー反応によるものであり、
アレルギー反応はアレルゲン(この場合は花粉)をキャッチ
するとヒスタミンという炎症物質を出す事によるもの。

このヒスタミンの放出を減らす事ができれば
症状が緩和されるのです。
これに作用し、放出量を減らしてくれるのが乳酸菌。

花粉症の人は花粉症でない人よりも
腸内フローラの乳酸菌量が少ないという結果が
報告されているほど関連があるのです。

ではどうしたら腸内フローラの乳酸菌が増やせるの?
と思いますよね、乳酸菌といえばヨーグルト!
ヨーグルトなどの乳酸菌食品を多く摂るように
心がけるだけでいいのです。

毎日の朝ごはんにヨーグルト1パック増やすだけ、
花粉症対策のグッズをあれこれ買うのと比べたら
コスト的にもいいですしお腹も満たされます。

花粉の侵入はブロックしきれない、
それなら中からブロックしたら良いのです。
アレルギーに強い体をヨーグルトで手に入れましょう。