花粉症がヨーグルトで治った!

花粉症がヨーグルトで治った!

花粉症がヨーグルトで治った!
そんな話聞いたことありませんか?

乳酸菌には花粉症の症状を軽減したり、
抑え込んだりする効果がある可能性があることがわかりました。

病原体などの異物(アレルゲン)が体内に侵入すると、
それを体外に押し出そうと働く防衛システムが免疫ですが、
無害なものには反応しないはずの免疫が
花粉に過剰反応を起こすのが花粉症です。

花粉症の人の体内では免疫細胞の一種である「B細胞」が、
抗体と呼ばれる武器で花粉を攻撃し始めます。

この抗体が花粉と結合すると、
肥満細胞からヒスタミンという化学物質が分泌されてしまいます。

このヒスタミンが、くしゃみや鼻水などの
アレルギー症状を引き起こす原因物質なんです。

実は、乳酸菌にはこの抗体を増やさないようにする
働きがあることが分かっています。

実際にアレルギーと乳酸菌、
ビフィズス菌の関係については多くの研究されており、
アレルギーの子供の腸内には乳酸菌や
ビフィズス菌が少ないという報告もされています。

全身にある免疫細胞の70%近くが腸に集中しています。
その腸が善玉菌優位の状態の時は免疫力が高まるだけでなく
免疫の調整機能も正常に働くことになるんです。

和食には発酵食品の種類が豊富で、
和食を毎日食べるだけで日本人はお腹の中を
善玉菌優位の腸にしておくことが出来ていたんです。

戦後、増えてきたのが肉やソーセージなどです。
動物性タンパク質は悪玉菌の大好物ですから
腸内環境が悪化するに決まっています。

ここ数十年の食生活の変化が、
花粉症患者の爆発的な増加に関係していると
考えてもいいんじゃないでしょうか?

最近、体内で良い働きをしてくれる
菌を摂取することが注目されています。

腸内環境が乱れがちな今の時代に
アレルギーに負けない体を作るために、
腸内フローラを整えてアレルギーに
強い体作りをはじめてみませんか。